発症割合の高い大腸がん~再発もシャットアウト~

医者

喫煙者ほど危険な病気です

男性

咽頭がんは喫煙者の人ほどかかるリスクがあります。しかも、咽頭がんは進展しやすく転移しやすいため、初期症状に少しでも早く気付くことが大切です。特に喫煙者ほど初期症状の知識を身につけ、気を配る必要があります。

大腸の診断

病院

大腸がんの転移は早期に精密検査で発見することが重要が、普段の生活では初期症状の判断が難しい場合があります。そのため、年に数回の検診を受けることで自分では気づかない段階で大腸がんの転移が進行しているのを未然に防ぐ確率が高くなります。

治る確率が高い病気

腹痛

治る確率が高い

大腸がんになる人の数は年々増加傾向にあり2020年には、がん全体のトップになると予測されています。大腸がんが増えた要因の1つは生活習慣の変化でしょう。多量の飲酒、動物性たんぱく質や動物性脂肪のとりすぎ、野菜不足、運動不足、肥満、ストレスと、まさに現代人が抱える生活習慣のリスクそのものです。大腸がんで亡くなる人も増えています。いまや肺がんに次いで多く、女性では最多です。ただ、死亡者数の増加は高齢化による影響が大きく、40〜60歳代に限れば、死亡率は低下傾向にあります。というのも、大腸がんは早期に発見すれば治る確率が高い病気なのです。そして、リンパ節転移のある進行がんであっても5年生存率は決して低いものではありません。

選択肢が豊富

早期であれば手術で治ることが多い大腸がんは、その後進行して肝臓や肺に転移した場合でも再手術が可能です。手術ができない場合でも、放射線療法や化学療法を組み合わせて対処することができます。化学療法では新たな分子標的薬も登場し、治療法の選択肢が豊富なのも大腸がんならではです。大腸がんの根治治療は切除です。開腹手術は術後の回復に時間がかかり、腸閉塞や感染症などの合併症が起こる可能性があります。早期がんに行われる内視鏡的治療、最近急速に増えている腹腔鏡手術は、開腹手術にくらべて体に負担が少ないため回復が早く、術後の合併症も少ないとされています。しかし、こうした治療法でも、合併症が皆無ではありません。開腹手術と同じように注意することで、より早い回復が望めます。術後のリスクを少しでも減らすため、術前から食事や生活習慣を改善することがたいせつです。

大腸内視鏡検査

医者

大腸内視鏡検査は、大腸がんを早期発見できるから人気があります。年に1回は受けるようにします。また、大腸がんは早期に治療する事が必要になってきますので、早期発見できる大腸内視鏡検査を受ける人は多くなってきます。